タカシマヤ ウオッチメゾン

価格/デザインで探す

PIAGET [ピアジェ]

 スイスで数々の名ブランドを生み出した地域として<ジュラ山脈>が挙げられるが、その中のラ・コート・オ・フェという集落で、1874年、ジョルジュ=エドワール・ピアジェが開いた小さなムーブメント工房がピアジェの始まりである。  最初はムーブメントの製造から始まったピアジェだったが、その精密さに著名ブランドからの注文が相次ぎ工房は順調に成長、一躍ジュラ山脈で名声を誇る工房として名を馳せた。  そして時代がピアジェの堂々たる表舞台への登場を待っていたかのように、1943年、ついにピアジェはウォッチブランドとしてその名を冠した時計を発表し、ピアジェの新たな歴史の幕が開けられたのだ。  1957年に長らくピアジェ・ウォッチの高精度と薄さを支えた手巻の極薄ムーブメントである名機「9P」を開発、そしてそのムーブメントを搭載したピアジェの代表的モデルとなるメンズウォッチ「アルティプラノ」が発表された。1960年には厚さわずか2.3mmと当時世界最薄の自動巻ムーブメント「12P」が誕生した。こうした技術的な側面と同時に、1960年代以降はターコイズやオニキスなどのオーナメンタルストーンを文字盤にあしらったウォッチや、ダイヤモンドを施した文字盤など文字盤のデザインの可能性を大幅に広げることが可能になり、着実に高級ウォッチメゾンとしてピアジェ独自のスタイルを確立していった。 一方で、メゾンは、もうひとつの顔でも知られるようになる。それは、「ジュエラー」であるということ。見た目の美しさはもとより、確かな技術からくる信頼により、ピアジェは人々から 「時計界のジュエラー」と呼ばれるまでになった。
取り扱い店舗:東京 / 大阪

アルティプラノ

ライムライト・ガラ

ポセション

トラディション

ピアジェ ポロ

価格/デザインで探す

ピアジェ FLOOR MAP:東京

スマートフォンサイトを表示する