タカシマヤ ウオッチメゾン

価格/デザインで探す

GRAHAM [グラハム]

ジョージ・グラハムからエリック・ロトへ1695年グリニッジ天文台に工房を開設して以来「クロノグラフの父」と称されるジョージ・グラハムはシリンダー脱進機や、壁掛けクロノグラフなど数々の発明を行い時計産業に偉大な功績を残してきました。エリック・ロト氏はジョージ・グラハムが残した遺産に感銘を受け、その時計造りへの情熱を引き継ぐべく1995年にラ・ショードフォンにレモン社を設立、2001年に社名を「ザ・ブリティッシュ・マスターズ」と改め英国の時計マスターの名を冠した時計製作を開始、「グラハム」「アーノルド&サン」が誕生します。英国のポロ競技のトーナメントにおいてチャールズ皇太子、ウイリアム・ヘンリー両王子に紹介される形で最初のウォッチコレクションを発表しました。ロト氏はジョージ・グラハムのDNAである、これまでになかった技術、これまでになかったスタイルの時計の開発を開始します。「NOT EVERYBODY'S WATCH」というロト氏の哲学は「クロノファイター」をはじめあらゆるモデルのデザインやコンセプトに反映されています。

「クロノファイター」
グラハムの代表的なモデルであり、最大の特徴であるトリガーは一目でグラハムとわかる最も魅力的で個性的なアイコンとなっています。第二次世界大戦中、防寒用の分厚いミトングローブを着けた爆撃機のパイロットの為に開発された「クロノファイター」は飛行中でも親指で迅速に操作できる巨大なトリガー型プッシュボタンが特徴的でデビュー以来、多くの時計ファンを魅了してきました。

国内入荷1本の「グラハム クロノファイター スーパーライトカーボン トゥールビヨグラフ」も店頭でお取り扱いいたします。
取り扱い店舗:東京

CHRONOFIGHTER

価格/デザインで探す

グラハム FLOOR MAP:東京

スマートフォンサイトを表示する