タカシマヤ ウオッチメゾン

価格/デザインで探す

minase [ミナセ]

『秋田県湯沢市皆瀬』で製作される国産腕時計です。
『精密工具を製作する協和精工』が1966年時計の分野に進出し、1996年には時計の設計開発から製作までの総合時計製作メーカーとして発展しました。
MINASEは『機械式腕時計』にこだわり時計製作を続けております。
機械式腕時計の価値はムーブメントとデザイン、研磨と言われています。
MINASEは特に研磨技術が優れ、世界的にも珍しい「ザラツ研磨」の出来る職人を抱えています。
ひとつの時計を研磨することに、『約250工程と5時間』を費やすことで生まれる時計なのです。

『ザラツ研磨』マイスターマジック 『世界に誇る研磨技術の結晶』
高級腕時計には欠かすことの出来ない研磨技術の技として、知る人ぞ知る「ザラツ研磨」は指の感覚だけが頼りの職人技です。
この「ザラツ研磨」を習得し、行える職人は限られるとさえ言われます。
奇跡のような繊細な感覚と称されています。
『Case in Case』 独自の発想 斬新なダイアル構造を具現化する技術
『ムーブメントを包み込むケース』その上に『インデックスのケース』が包み込むと言う、世界に例を見ない新構造は、単なるアイディアにとどまらず、協和精工の優れたケース生成技術と、丹念に時間をかけて作り上げることによって初めて可能にしました。
『時計ケースの側面窓』から様々な角度で、この構造を視認することができます。

HiZシリーズ

MASTER CRAFTシリーズ

価格/デザインで探す

ミナセ FLOOR MAP:東京

スマートフォンサイトを表示する