タカシマヤ ウオッチメゾン

価格/デザインで探す

PIAGET [ピアジェ]

 スイスで数々の名ブランドを生み出した地域として<ジュラ山脈>が挙げられるが、その中のラ・コート・オ・フェという集落で、1874年、ジョルジュ=エドワール・ピアジェが開いた小さな時計工房がピアジェの始まりである。
 最初はムーブメントの製作から始まったピアジェだったが、その精密さに著名ブランドからの注文が相次ぎ工房は順調に成長、一躍ジュラ山脈で名声を誇る工房として名を馳せた。1911年にはジョルジュ=エドワールの息子であるティモテ・ピアジェに経営が引き継がれ、工房が持つ高度な技術力と製品の確かさは厳格なまでに引き上げられて行ったのである。
 そして時代がピアジェの堂々たる表舞台への登場を待っていたかのように、1943年、ついにピアジェは時計ブランドとしてその名を冠した時計を発表した。これを指揮したのは創業者の孫に当たるジェラルド・ピアジェとヴァランタン・ピアジェの2人で、この2人によってピアジェの新たな歴史の幕が開けられたのだ。
 1957年には後年に「ピアジェ エンペラドール」としてピアジェの代表的モデルとなるメンズウォッチが発表され、また長らくピアジェ・ウォッチの高精度と薄さを支えた手巻きの極薄ムーブメントである名機「キャリバー9P」を開発、そして1960年には厚さわずか2.3mmと当時世界最薄の自動巻きムーブメント「キャリバー12P」が誕生した。こうした技術的な側面と同時に、1960年代以降はターコイズやオニキスなどの半貴石を文字盤にあしらった時計や、カフス型のブレスレット・ウォッチ、前衛的な「ピアジェ ポロ」などデザインと時代をリードする意匠で世界を驚かせるだけでなく、着実に高級精密時計ブランドとしてピアジェ独自のスタイルを確立していった。こうした独特のブランドスタイルを受け継ぎ、更に発展させる形で、1980年以降イヴ・ピアジェの指揮下ジュエリー創作にもフィールドを広げていったのである。
  1990年以降は「ポセション」や「ライムライト」といった新しいシリーズが大成功をおさめ、1998年の「ミス・プロトコール」のストラップが交換できるという斬新な仕様はピアジェ・ウォッチの人気をさらに高めた。また、1999年には往年の名モデル「ピアジェ エンペラドール」が復活。2002年にはピアジェ自社製トゥールビヨン・ムーブメント「キャリバー600P」を発表し、厚さ3.5mmの角形トゥールビヨンとして、<薄型>へのこだわりを持つピアジェらしさが世界的にも注目を浴びた。また、薄型のムーブメントでは他の追随を許さないピアジェは、2007年に一見普通の厚みの時計に見えながらも、実は2層に分かれたダブルフェイス・ウォッチという、「ピアジェ アルティプラノ・ダブルジュー」を実現させ、ピアジェの美学を見せつけた。
 「キャリバー12P」の誕生から50周年にあたる2010年には、後継モデルにあたる自動巻きムーブメント「キャリバー1200P」を発表、ムーブメント厚2.35mm、ケース厚5.25mmと、発売当時世界最薄という2つの記録を新たに樹立した。
そして2012年は、日付表示付き自動巻きムーブメントとして世界最薄のムーブメントを発表し、創業当時から築き上げてきた極薄分野での伝統を今日も守り続けている。
 

ピアジェ アルティプラノ

ライムライト・ダイヤモンド

ライムライト・ガラ

ライムライト

ポセション

ミニ・プロトコール

トラディション

ダンサー

ピアジェ ブラックタイ

価格/デザインで探す

ピアジェ FLOOR MAP:東京

スマートフォンサイトを表示する