タカシマヤ ウオッチメゾン

価格/デザインで探す

AUDEMARS PIGUET [オーデマ ピゲ]

スイスのジュラ山脈、ジュウ渓谷に位置するル・ブラッシュ。オーデマ ピゲは1875年にこの地で誕生しました。16世紀に修道僧が瞑想の為の静寂を求めて住み始めた、山間の荒涼とした土地。岩場の多いその場所では夏はわずかな放牧に頼り、冬は雪が降ると完全に外界と遮断される場所でした。そんな外界と隔絶された世界で、人々は複雑な機械式時計の製作に専念しながら、雪溶けを待ちました。
オーデマ ピゲの時計作りを育てたこの厳しい自然を、私たちは大切にするとともに、大きな愛情をもって接しています。オーデマ ピゲと、そこから生れ出た数々の機械式時計の傑作を育んだこの機械式時計のゆり籠である土地に。
オーデマ ピゲには特別な工房があります。それは修復を専門とする工房です。現行コレクションと同様に、オーデマ ピゲでは創業以来の時計を全て修理しています。今年の新作を含め全ての時計は帳簿に手書きで番号が記載され、ムーブメントが確認された時計は、膨大なパーツの在庫の中から修理に必要なものが特定されます。その該当パーツ自体を使うのではなく、同じパーツを手作りで作り、時計を修理したあと、そのパーツはまた元のボックスに戻され、50年先か、その先か、次に使われるときを待ち眠りにつきます。
オーデマ ピゲの時計は「一生ものではなく、何世代もの」と言われる理由がここにあります。

ロイヤル オーク

ミレネリー

価格/デザインで探す

オーデマ ピゲ FLOOR MAP:東京

スマートフォンサイトを表示する