タカシマヤ ウオッチメゾン

価格/デザインで探す

CARTIER [カルティエ]

 1847年、ルイ=フランソワ・カルティエがパリのモントルゲイユ街31番地のアドルフ・ピカールのアトリエを譲り受けたとき、160年以上にわたるカルティエの歴史は幕を開けました。1899年、エレガンスと贅沢の中心であったラペ通り13番地に店舗を移転したカルティエは、国際的なジュエラーとしての基盤を築いていきます。3代目ルイ・カルティエの時代、英国のエドワード皇太子(後のエドワード7世)は、カルティエを評して有名な言葉を残しています。「王の宝石商、宝石商の王」と。1902年、その戴冠式のために27個のティアラを受注したカルティエは、1904年には英国王室より、その後世界各国の王室より御用達として認められ、ロイヤルジュエラーとして名声を高めていくのです。
 自身が才能あふれるクリエイターであると同時に、社交的で並外れた行動力に恵まれたルイは、2人の弟ピエールとジャックと共に世界に活動の場を移し、そこで得た経験とひらめきのすべてを斬新な創作に結び付けていきました。その才能は宝石のみならず、時計製造においても如何なく発揮されます。
 ブラジル人飛行家サントス=デュモンとの友情から生まれた「サントス」。カルティエのスクエアウォッチの代名詞ともなった、伝説の「タンク」。モロッコの太守(パシャ)の注文を受けて完成した防水時計にちなみ名づけられた「パシャ」。今もなお、カルティエのコレクションの根底にはこの偉大なる才能のエスプリが息づいています。カルティエは「伝統と革新」の融合をテーマに、斬新なイマジネーションと熟練の技術により、確固たるスタイルを築き上げてきました。脈々と受け継がれた伝統を大切に守りつつ、世界中に新たな感動をもたらすために、カルティエはその魔法のような魅力にさらに磨きをかけていくのです。

価格/デザインで探す

カルティエ FLOOR MAP:東京

スマートフォンサイトを表示する