タカシマヤ ウオッチメゾン

価格/デザインで探す

EBEL [エベル]

[時の建築家]とも呼ばれるエベルは、1911年にスイスのラ・ショード・フォンに創業以来、技術や創造性、情熱を時計製作に注ぎ込み、魅力的でオリジナリティーのある数多くの時計を発表してきました。
エベルの名は、私生活でもビジネスでもパートナーだった一組の男女に由来します。二人の名前ユージン・ブルムとアリス・レヴィ「Eugene Blum Et Levy」の頭文字を取り、エベル(EBEL)と名づけたのです。夫婦のインスピレーションによって、信頼性の高い洗練された時計が製作され、やがて人々の注目と称賛を集めるようになりました。

エベルが創業75周年を迎えた1986年には、有名な建築家ル・コルビュジェが1917年にラ・ショー・ド・フォンに築いた「ヴィラ・トゥルク」を取得、改築を行いました。
「エベル ハウス」として時の建築家の本質と哲学を伝える特別なPRセンターとして、今もなお美しい姿と洗練された造形を誇り、ブランドの哲学にも活かされています。
「エベル クラシック」は伝説に残る「スポーツクラシック」デザインの現代版です。スリムウオッチへと続く新しい流行との調和を保ちながら、現代的なエレガンスを問い直しています。レディースモデルは非常にスリムで、絶妙なしなやかさと最高の着け心地のまるで「第二の肌」のようなブレスレットが特徴です。
ウェーブと呼ばれるその特徴的なブレスレットはエベルのアイコンであり、上品で調和の取れたラインは、オフィスからテニスコート、そして夜のパーティーまで、どんな場面にもぴったりです。

エベルクラシック

エベルウェーブ

ベル―ガ

ブラジリア

エベル スポーツ

価格/デザインで探す

エベル FLOOR MAP:東京

スマートフォンサイトを表示する